ネベルシリーズ4棟目<br>「ネベル恵比寿」の内覧会を行いました
2019.12.6 レジデンス

ネベルシリーズ4棟目
「ネベル恵比寿」の内覧会を行いました
2019.12.6 レジデンス

ネベルシリーズ4棟目
「ネベル恵比寿」の内覧会を行いました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatena Bookmark
  • Pocket

タカラレーベンが手掛ける単身者・DINKS向けの都市型コンパクトマンション「NEBEL(以下、ネベル)」シリーズ。都心や最寄り駅へのアクセス性に優れていること、都心の利便性と楽しみを身近に感じられることを基準に立地を選定し、住む人それぞれのライフスタイルにフィットする住空間をお届けしています。
そんなネベルシリーズ4棟目の「ネベル恵比寿」がついに竣工。10月の終わりに内覧会を行いました。今回は内覧会の準備のお手伝いをしてきましたので、その様子をご紹介いたします!

そもそも内覧会とは?

内覧会と聞いてもピンとこない方も多くいらっしゃると思います。
内覧会とは、工事が終了してから住宅を引き渡すまでの間に、住宅が契約通りに建てられているか、不具合はないかなどをチェックする目的で行われるものです。また、タカラレーベンでは共用部分の設備の利用方法についてのご説明なども行なっています。
不動産は“青田売り”といって、建物が出来上がる前に販売・契約していることが多いです。そのため、契約後、実際のお部屋を見ることができる初めての機会となり、皆さんが「待ってました!」と言わんばかりに楽しみにしてくれているのです。
そんな内覧会をよりいいものにできないかと思い、ひと手間加えてさらなる上質なおもてなし空間にしてきました!

ホテルライクなおもてなし

多くの方が通るエントランスには雅やかなお花を。実はこのお花、通常ならば生花で発注・展示し、内覧会が終わると捨てられてしまうのですが、今回はインテリアコーディネーターに依頼して造花に変更。お客様が入居された後も置いておくことができ、毎日温かくお出迎えしてくれます。
ちなみに、内覧会が終了した今はこんな感じに。風除室においてあるようです。

お部屋の各設備のメーカー説明が行われるロビーには、ローテーブルとソファが配置され、まるで高級ホテルのラウンジのようにラグジュアリーな雰囲気を演出。各ブースの間には仕切りが設けられ、プライベートな空間を確保できます。

各ローテーブルには鮮やかな配色の造花とロータスのビスケット、そして何やら濃い青色のボトルが……。
お洒落な方やサッカーファンの方はご存じかもしれませんが、このボトル、実はお水なんです!
名前は「ソラン・デ・カブラス」。世界中から愛されるサッカーチーム「レアル・マドリード」の公式ミネラルウォーターにも認定されており、カルシウムとマグネシウムのバランスがとれた中硬水はスポーツ時の水分補給に最適なのだとか。また、ボトルの青色は直射日光による変質と風味の劣化を防いでくれるそうです。
気になる方は、ナチュラルローソンで販売されているのでぜひお買い求めください(笑)

ネベルは“唯一”。ネベルは“様々”。

唯一無二の設備や仕様で入居者を魅了するネベルシリーズ。そのこだわりは内覧会だけでなく、各所に散りばめられた様々なおもてなしにも活かされています。
例えば、マンション共用部にはリラックス効果のあるBGMを流したり、電子雑誌が読み放題だったりと、入居者の方々が心地良く生活できるよう工夫を凝らしています。
ネベルシリーズを販売している銀座の「SALON DE NEBEL」では、おもてなし規格認証「紺認証」を取得しました。

▼くわしくはコチラ
https://www.leben-style.jp/omotenashi_nebel.html
SALON DE NEBELでは世界各国のインテリアをイメージしたプレゼンテーションルームをご用意し、ネベル独自の世界観を体感できます。

また、今回ご紹介したネベル恵比寿では、近々実際の建物内にプレゼンテーションルームの設置を予定しています。
▼ネベル恵比寿の詳細はコチラ
https://www.leben-style.jp/search/nbl-ebisu/
※完全ご予約制となっております。また、タイミングによってはご案内できない場合がございます。詳しくは係員までお尋ねください。

タカラレーベンはこれからも“おもてなし”の心を忘れず、入居者はもちろんのこと、ネベルシリーズにご来訪される全ての方々のQoLを向上する試みを続けていきます。
そんな雰囲気を体感できるSALON DE NEBELやネベル恵比寿にぜひ足を運んでみてくださいね!
▼ネベルのサイトはコチラ
https://www.leben-style.jp/nebel/