レグルス それは、
理想を叶えるイメージ。

免疫力アップ!女子力アップ!な食材

Life Style  

お正月が過ぎ、本格的に寒い季節がやってきました。 体の芯から冷えてしまうと、免疫力は下がり、 乾燥した空気にあたるとお肌もカサカサ、喉もガラガラ。 手洗い・うがい・除菌を徹底していても、免疫力が低下していると、 すぐに体調にあらわれてしまいます。 こんな時期に「風邪かも?」なんて思いたくないですよね。 そこで、今回は、免疫力を高める食材と、 ついでに女子力アップも期待できる食材をご紹介致します。

*腸活

免疫力の60%〜70%は、腸にあると言われています。生きるのに必要な栄養を得るために、私たちは様々な食べ物を口に入れ、腸で消化、吸収、排泄をします。しかし食べ物には、有害な病原菌やウイルスが付着している危険性があります。そうした有害物質の侵入を防ぐために、腸には免疫力が備わっています。腸の状態を良好に保つことで、免疫力の低下も防ぐことができます。 朝ごはんに一品入れたい「ヨーグルト」 ヨーグルトは、腸内環境を整えてくれる強い味方です。腸内環境が整うと、免疫細胞が働きやすくなります。他にも、漬物や味噌、納豆などの発酵食品で善玉菌を増やしましょう。そして、増やした善玉菌がエサとして食べるのが、食物繊維、オリゴ糖です。 食物繊維は、大豆やゴボウ、芋。ワカメやひじき、こんにゃく、大根などに含まれます。 また、オリゴ糖は、糖質なので甘いのですが、消化・吸収されずに大腸までとどき、善玉菌のエサになることで、ダイエットと腸活にも効果があるとして、最近注目されています。 腸活をすると、肌の健康にも効果的で、自律神経のバランスも整います。

*免疫細胞に働きかける栄養素と食材

腸活だけでなく、免疫細胞に直接働きかける食材も大切です。

タンパク質

細胞の主成分となるタンパク質は、不足すると皮膚や粘膜が弱くなり、免疫力も低下します。また、身体の様々な細胞をつくるタンパク質は、美容にも大切な栄養素です。冷え性や抜け毛予防にもなります。ダイエットのために運動をしている方は、日々の食事に良質なタンパク質を摂り入れましょう。

ビタミンA(βカロテン)

肌の健康や、鼻や喉の粘膜に働いてバリア機能を高めます。レバーやうなぎ、チーズ、緑黄色野菜から摂れます。
また、ビタミンAは、美容にもおすすめの栄養素です。肌の基礎体力を上げるためには必要不可欠な存在と言われています。肌のかさつきやシワに効果的なので、ほうれん草や、にんじん、かぼちゃをスープなどにして食べると、たっぷりと摂れます。

フィトケミカル(ファイトケミカル)

植物系食品に含まれる色素、香り、苦味、渋みなどの化学成分で、優れた抗酸化作用が認められ、免疫機能の向上や、がんや他の様々な病気の予防が期待されています。ポリフェノールや、イソフラボン、カカオやアントシアニン、リコピンなどがあります。皮に多く含まれる栄養素なので、少し苦味があっても、皮まで食べてみましょう。

ビタミンC

美容にはもちろん、抗酸化作用もあるので、動脈硬化や心疾患を予防することが期待できます。また、ストレスの多い人ほど、きちんと摂取する必要があります。暑さ、寒さ、疲労、寝不足、働きすぎなど、精神的、肉体的なストレス両方にビタミンCは使われていると言われています。ビタミンCは、過剰摂取すると、残りは尿として排出されてしまうので、こまめに摂取して、ストレスによる免疫力低下を防ぎましょう。
また、鉄分の吸収を高めるので、貧血気味の方は、ビタミンCを含む果物や魚と一緒に鉄を含む海藻や野菜を組み合わせると良いでしょう。

いかがでしたか? 免疫力を上げようとすると、同時にお肌の健康も保たれ、髪や爪も丈夫になります。
自律神経やホルモンバランスを整えたり、ダイエットにも効果的です。
日々の食生活によって、私たちの健康、美容は維持されています。
その為には、基本に戻って、十分な休息と五大栄養素をバランス良く摂り、 不足しがちな栄養素は、意識して摂り入れていく必要があります。
お鍋などに、お野菜やお肉をバランス良く入れて、 あったまりながら、この冬を乗り越えましょう。