レグルス それは、
理想を叶えるイメージ。

小1の壁、小4の壁

Life Style  

保活が無事に終了すると、職場復帰。育休明けの社員は、子どもを保育園に預けながら、時短勤務となります。日々奮闘しながらの子育てと仕事の両立。
保育園生活はあっという間で「4月から小学生!?」なんて日がすぐにやってきます。
新学期が始まるこの季節、ワーキングマザーたちの目に留まるのは「小1の壁」「PTA」などの小学校にまつわるネットニュース。なんとなくマイナスな情報にモヤモヤする時期でもあります。
そんな私も現在、六年生と保育園児を持つ2児の母。子育てに奮闘しながら日々過ごす中で、長男の頃に立ちはだかった「小1の壁」と「小4の壁」が実際どうだったかをご紹介します。

ワーキングマザーに降りかかる初めての課題。
「小1の壁」

保育園は共働き家庭のためにあるので、何から何まで至れり尽くせりです。例えば、保護者会や各種行事、役員活動などは土曜日や、夕方遅くから開催されていたため、仕事にほとんど支障が出ません。しかし、小学校に上がった途端、これらの活動は平日の日中に行われるようになるため、仕事の合間を縫い、調整をつけながら参加する必要があります。これを「壁」と感じるのでしょう。

学童の預かり時間も課題です。これまで保育園では、延長保育という制度(有料)があり、園によっては20時まで預かってもらえる場所もあります。また、お迎えが18時を過ぎる子どものために夕飯まで用意をしてくれます。(延長保育利用者 有料)
一方、学童の閉館時間は遅くても19時半までが一般的。学童の集団下校時間に間に合わない子どもに関しては、必ず親が迎えに来るのが原則です。もちろん、夕飯もありません。4月1日を境に、今までほとんど縛られなかった「時間」に縛られるようになっていきます。

学校での突然の体調不良の際も、保健室で様子を看てもらうことはできません。学校は保育施設ではないため、熱が出て保健室で休むのは、ほんの一時のみ。熱があるとわかった途端、迎えに来るように連絡があります。現代の学校方針は、登下校時間以外の登下校は、必ず保護者同伴となり、保護者から先生へ、先生から保護者へ引き渡しとなります。

保育園生活では、延長保育という制度によって少しお迎えが遅れても、安心してお迎えに行ける。また、熱が出た際は、働くお母さん(お父さん)たちを配慮して、すぐに帰宅できない場合は、仕事が落ち着くまで、園で様子を看てくれる。という、保育園生活では当たり前だったことが、小学校に上がった途端、当たり前ではなくなることの歯がゆさ。これらが共働き家庭の目の前に、「小1の壁」として立ちはだかります。

学童が終わる。こどもの居場所はどうしよう。
「小4の壁」

低学年から高学年への進級の時期。まず第一に問題になるのは学童以外の「居場所の確保」です。学童を利用できるのは3年生まで。(※利用できる学年は施設により異なります。しかし、高学年になるにつれ、習い事などで利用日数が足らず、退園になる子が増えるのが現状です。)そうなると、学童が終わる頃、親が帰宅するまでの数時間の過ごし方を、考える必要が出てきます。

大半の親子は、塾や習い事で曜日を埋めて居場所を確保するようにしています。でも、これって相当お金がかかるんです。
子どもが一人なら、いくらでもかけてあげられるのですが、年齢の近いこどもが2人、3人となれば、倍以上の金額になります。
それに、子どもとの時間を削ってお金を稼ぎ、そのお金で塾や習い事をさせることで居場所を確保するとなると、「なんのために働いているのか」を考えるようになり、3、4年生になる頃に仕事から離れるお母さんたちが増えていくようです。

4年生からは高学年(※)の仲間入りです。子どもたちの大きな変化としては友達関係。
「全員友達」から「グループ」という集団を意識するようになります。自分とは異なるものに対して反感を抱くという”心”が成長している証拠です。今までは個人同士のトラブルだったことが、グループを巻き込んでのトラブルになったりと、友達関係が複雑になっていきます。
もちろん、こどもの喧嘩に親は出ませんが、話を聞いてあげることで、溜め込んでいるものを吐き出してくれることもあります。
そうした小さな変化に気付けるのは、一番近くにいる親しかできないはずです。

手はかからなくなるけど、目をかけてあげる時間を作る

小学校入学に伴う、これまで意識しなかった時間という「壁」。振り返ると、ネットニュースで騒がれるほどの大きな壁ではなかったように感じます。
もちろん、私が「小1の壁」「小4の壁」を退職に追いやられることなく、乗り越えられたのは、低学年のうちは学童の時間に間に合うように、退勤時間を早めてもらうなど配慮をしてもらえたからかもしれません。現在はタカラレーベンにもフレックス制度が導入されているので、この制度を利用しているワーキングマザーもいます。一人で悩まず、周りに協力を求めることも大切です。

子どもの順応性はかなり高いです。一人ではできないかもと思うことも、自立のための訓練だと思ってやらせてみると、案外すぐにできるようになります。保育園の時と違い、風邪を引いてお休みすることもほとんどありません。皆勤賞を狙うぐらい体も強くなります。
小学校生活は「お世話」という点では手がかからなくなるので、仕事にも集中できるようになります! ただし、小学生は手がかからなくなっても「目」をかけるように。とも言われます。
どんなに仕事が忙しくても、子どもとゆっくりと、目を見て話しをする時間を忘れないようにしていきたいです。

※3・4年生は中学年ともいわれる