朝を変えれば、自分が変わる?<br>朝活のススメ
2018.3.16 ライフスタイル

朝を変えれば、自分が変わる?
朝活のススメ
2018.3.16 ライフスタイル

朝を変えれば、自分が変わる?
朝活のススメ

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatena Bookmark
  • Pocket

平日はぎりぎりまで寝ている、休日はお昼過ぎまで起きられない、そんな生活が続いていたら、思い切って朝型に変えてみませんか?現代女性のバイブル「SATC」から、リアル女子の朝ごはんを描いた「いつかティファニーで朝食を」まで。悩み多き女子が集まるのは、いつだって朝。「bills」、「WORLD BREAKFAST ALLDAY」や「GOOD MORNING CAFE」など、朝をテーマにしたカフェも都内にはたくさんあります。朝の空気は、一日がちょっと楽しくしてくれるようなエネルギーに満ちているんです。

早起きすると、良いことたくさん!
朝活女子がじわじわ増殖中

「働きかた改革」や健康志向の高まりなどによって、朝の時間をもっとアクティブに過ごしたいという方が増えてきているようです。「朝の時間の使い方」についての調査では、62%が早起きの習慣があると回答。その理由は、「キモチに余裕が生まれる」、「遅刻をしなくなる」、「朝ごはんを食べて、健康的になれる」など。(※)

夜型から朝型へシフトしたい4つの理由

「朝活」とは、朝の時間を有効活用していく試みです。そのメリット1つめは、1日をポジティブに過ごせること。朝は1日の始まりなので、自分自身に強い印象を与え、その瞬間はもちろん、その後にも影響があるからです。お昼過ぎまで寝てしまった土曜日は、1日を無駄にした気持ちがしませんか? 朝がその日の第一印象を決めるので、有効的に使うと1日をハッピーに過ごせるのです。

2つめは、朝は能率アップでワークが進むこと。目覚めると身体の交感神経がアクティブに働くので、勉強など集中するのにぴったりです。睡眠によって脳内は整理済み、頭の回転が速く、内容が入りやすくなっているはず。また、朝はタイムリミットがあるので、だらだらできません。時間制限がプレッシャーとなって、より集中できるんです。

3つめは、健康になれること。陽の光を浴びたときに分泌される「セロトニン」は、頭をスッキリさせて気分を前向きにさせるのだとか。朝日を浴びて生体時計が正しく働けば、夜もぐっすり眠れます。お肌のターンオーバーに関係ある「成長ホルモン」は眠っている間に分泌されるので、美肌のためにも夜更かしは禁物ですよ。

そして最後は、すぐに行動できるということ。夜に得たことを「なるほど、試してみよう!」と思っても、一晩寝ると忘れてしまいませんか? でも朝活で得た知識は、すぐにチャレンジできます。思いついてからブランク無しで行動することで、スキルアップのチャンスに繋がるのです。「いつかしよう」ではなく、「今日する」行動力と達成感も味わえるのです。

明日からはじめよう。ちょっと楽しい朝活5選

前述の調査によれば、人気の朝活は、第1位「勉強」、第2位「ランニング・ウォーキング」、第3位「読書」、第4位「料理」がランクイン。朝活で新しいライフスタイルを見つけてみませんか?

頭すっきり「朝スタディ」

人気No.1の朝活が勉強です。語学の学習や資格の取得など、夜に勉強しようと思っても、残業や遊びのお誘いなどで思うようには進まないですよね。でも朝は、邪魔になるものが少なく集中するのにぴったり。朝学習のコツは、「欲張り過ぎないこと」です。「問題集を1ページだけ解く」、「15分だけ机に向かう」など勉強をきりあげるためのハードルを低くします。最近は早朝にレッスンを設けている「モーニングスクール」も多くなってきました。いつもの通勤時間にイヤホンで学習するなど勉強ツールを変えてみても。自分に合った勉強法を見つけてくださいね。

ダイエットに「朝ウォーキング」

デスクワークが中心の方は、運動不足になりがちかもしれません。早く起きれたらひと駅歩いてみませんか。心身が目覚めて気分もスッキリ、長時間続けることで脂肪が燃焼され、ダイエット効果も期待できますよ。平日は起きるのが辛いという方は、休日の朝にウォーキングやランニングを試してみても。疲れている夜は運動できなくても、元気な朝なら続けられる気がしませんか。

女子力高めの「朝クッキング」

朝ごはんを食べることで、脳の働きを活発アクティブにする、代謝を高める、太りにくい身体を作るなど嬉しい効果がたくさん。朝早く起きて、ゆっくり朝ごはんを食べると心の余裕にも繋がります。主食にごはんかパン、主菜と副菜にベーコンやハム、汁物にスープや味噌汁、それにミルクとフルーツをそろえば、パーフェクト。朝食の残りをランチボックスに詰めて行けば、素敵女子風に見られるというメリットも。

差をつける「朝ケア」

人間は寝ている間にたくさんの汗をかいています。目覚めたらコップ1杯の水をゆっくり飲んでみましょう。便秘解消や美肌づくりにも効果が期待できますよ。時間があれば、足湯を試してみても。キレイの秘密は、デトックスにかかっています。少し熱めの43℃くらいのお湯に足を入れてたっぷり汗をかきましょう。さらに余裕があれば美顔マッサージを。顔のむくみには、耳の下から鎖骨までの筋肉を上から下へマッサージするようにさすります。目の下のクマが気になったら、下まぶたを内から外へ向け、指でゆっくり押していきます。自信を持って1日を過ごすために、朝ケアに力を入れてみて。

出会いがあるかも「朝ミーティング」

朝活はSNSでも告知されているものが多く、数人が朝に集まる「朝食会」も人気だったりします。一人で本を読むのが続かなければ、「読書朝食会」などテーマがある会に参加しても良いですね。朝食会に来るような人は、人生を豊かにしたいと前向きな行動ができる人です。夜の飲み会とは違う素敵な出会いがあるかもしれません。初対面の会に不安があるようなら、自分でイベントを開催しても。友達や同僚を誘って、お気に入りのカフェで過ごす朝の時間と新しい出会い。明日起きるのが楽しみになりそうですね。

夜型から朝型にシフトするだけで、今のマンネリな生活を変えるチャンスが訪れます。毎日はちょっと難しい……という方はまずは曜日を決めて、週に1回からスタートしてみても。有名ベーカリーのパンや新しいアクセサリーなど、「目覚めるのが楽しみになるしかけ」を前の日に作っておくのも良いですね。朝が運ぶのは、ポジティブな自分と新しい出会い。想像してみるといつもの毎日が少し豊かになる気がしますね。

(※)エン・ジャパン株式会社 早起きする最大のメリットは「キモチの余裕」。 朝活は「勉強」「ランニング・ウォーキング」が人気を二分! ―『エンチャレンジ!はた☆らく』ユーザーアンケート集計結果― より