成果を作るための努力をやめて<br>今すぐ人間関係を作るべき理由
2018.3.2 仕事

成果を作るための努力をやめて
今すぐ人間関係を作るべき理由
2018.3.2 仕事

成果を作るための努力をやめて
今すぐ人間関係を作るべき理由

tag: 仕事
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatena Bookmark
  • Pocket

「がんばっているのに上手く行かない」とか「苦手な仕事がいつまでも苦手のまま」という悩みをもった経験はありませんか? 
もしかしたら、今その真っ只中だったり、壁にぶつかって上手く行かないまま転職したり、なんて人もいるかもしれません。

その努力の仕方は正しいの? 

どの職場でも言える事ですが、会社や上司はあなたに対して、仕事で成果を出すことを求めています。当然その期待に応えようとして、皆さんも自分なりに一生懸命取り組んで、苦手なことにも立ち向かい、何とか成果を出そうと努力しますよね。
でもちょっと待ってください。本当にそのやり方は正しいのでしょうか? 

当然ですが、私にも苦手なことが一杯あります。特に新入社員の頃なんて、苦手なことだらけでした。もちろんがんばって克服したものもありますが、実は今でも苦手なことはたくさんあります(泣)
それでも過去、いくつものプロジェクトを成功させてきたと思っています。苦手なことを克服しないままプロジェクトを成功させたというと、少しおかしいような気もしますが、これには私なりの”秘訣”があります! 

それは”成果を作ること”に力を注ぐのではなく、”助けてくれる人をさがす”ことに力を注ぐことです。
“あなた一人で成果を作る”のではなく、”成果を作る”ことを求められているわけですから、このやり方で成功することに何の問題もありませんよね。
このことに気づかず、与えられた環境で何とかがんばろうとする人って意外に多いですけど、「それじゃダメ!」って思います。

みんなで船に乗る

自分の苦手な部分を得意な人に助けてもらえば、どんなプロジェクトでも突き進むことができる。
そう考えると、一番大事なのは得意な人を探すことになるので、そこに全精力を注ぎます。
とにかく一人一人、真剣にお話しして、協力してもらえる人を増やしていく。もちろんこれはこれで大変なのですが、一人で壁に当たって悩んでいるのと違って、前に進んでいるからいくら大変といっても、私の場合は全然苦に感じなかったです。
むしろ今振り返ると楽しかったですね。

例えて言うなら、航海に出かけるつもりになって、出航前にいろんな人に声をかけて、船に乗ってもらうんです。時には半ば強引に乗せたりして(笑)
そうして一度船に乗せて出航してしまえば、あとは目的地に着くまで船が沈まないように一生懸命それぞれの持ち場でがんばりますから、どんな大きな船でも順調な航海ができることになります。”乗り掛かった船”は必ず、”順風満帆”に進むというわけです。

それから、人間関係を作る上でもちょっとしたコツがあります。
それはあなた自身が”かわいがってもらえる人”になること。 誰かにお願いをするときには、誠意を持ってお願いすることも、もちろん大切だけど「この人なら手伝ってあげたい!」と思ってもらえるように、普段から振舞うことが大切。といっても、ストレスを抱えてしまっては意味がないので、無理して媚びたりはしないでくださいね。
ではどうするかと言うと、あなた自身が”明るく”そして”素直に”いてください。そうすると、人も集まってくるし仕事も楽しく進められるので、これはぜひ実践してくださいね。

そうやって、いろんな人を巻き込みながら、同じ船に乗って漕ぎ出したメンバーが同じ方向を見て仕事をすると、成果は必ず付いてくる。結果、会社も上司も大満足ですね。ですので、壁にぶつかってうまくいかない時は、自分一人で立ち向かうのではなく、落ち着いてまわりを見渡して見て下さい。